肩こり

このようなお悩みはありませんか?
肩が凝っている男性
  1. 無意識に肩が上がってしまう
  2. 猫背で姿勢が悪い
  3. 頭痛や目の疲れが続いている
  4. 万年肩こりだ
  5. 首が重くて動きにくい
痛み不調の原因から解決方法までしっかりご説明します。ご相談ご予約はこちら

多くの日本人が悩む不調の1つ、肩こり。その原因は、首から肩、肩甲骨周辺の筋肉が張り、血行が悪くなることにあります。

肩こりになりやすい人の特徴としては、下記の3点が挙げられます。

  • デスクワークで長時間同じ姿勢を続けている
  • 眼精疲労や猫背にも悩んでいる
  • 運動する習慣がない

思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか。

肩こりを我慢していませんか?

施術の様子

肩こりに限らず、少しくらいの不調であれば、大丈夫だと我慢していませんか?

しかし、放置し続けるとさらなる悪化を招く可能性があります。

例えば、身体のバランスの崩れが原因で寝違えが起きている場合、放置しても自然に寝違えがなくなることはありません。骨盤矯正などで身体のバランスを整えない限り、繰り返し起こるでしょう。

肩こりの場合はどうでしょうか。肩こりを放置すると、首や肩の筋肉に負担がかかり続け、頭痛やめまいといった不調が引き起こされます。さらに猫背にもなってしまった方は、腰や内臓などに不調が広がる可能性もあります。

「たかが肩こり」と我慢せず、根本の原因を突き止めて早めに対処することが肝心です。

肩こりが起きる主な原因

肩こりが起きる主な原因は、日常生活に潜んでいます。ここでは、主なケースをご紹介します。

ケース1:同じ姿勢を長時間続けている

特にデスクワークの方に多いのが、長時間座ったまま同じ姿勢を続けるために起きる肩こりです。パソコンを見る際に目線を下に向けた姿勢になりやすく、無意識に背中が丸まってしまいます。スマートフォンをずっと使用しているときも同じような姿勢になりがちです。

このような姿勢を続けていると、頭が身体の重心より前に突き出た前傾姿勢が染みついてしまい、首や肩に大きな負担がかかります。前傾姿勢がひどくなればなるほど、頭を支える首への負担は倍増するので要注意です。負担のかかった筋肉は緊張し、血流が悪化します。血行不良になると筋肉がこわばり、こりとなって現れます。

運動不足

運動不足の身体では、筋肉の柔軟性が失われ、血行が悪くなります。その結果、代謝も悪くなり、疲労物質がたまって肩こりが慢性化してしまうのです。

冷え

寒い日に肩をすくめて歩く、というのは誰しも経験があるのではないでしょうか。この動作も肩こりの原因の1つです。首や肩の筋肉が硬直し、血行不良になるためです。

ケース4:重い荷物を長時間持つ

重い荷物を長時間持つことも肩に負担をかけます。特に、片方の肩に負担をかけるショルダーバックは、肩こりになりやすいので注意しましょう。

冬場に着る重いアウターも、着続けると肩こりを招きます。

中村橋i-care整骨院の肩こりの施術方法

  • 肩こりを引き起こしている本当の原因を探る

    原因を検査

    まずは、「どうして肩こりが起きているのか」その原因を探ります。背骨や骨盤の歪みかもしれませんし、他にも原因があるかもしれません。
    検査で根本となっている原因を調べた上で、最適な施術方法をご提案します。

  • 創業20年で培った技術を駆使した丁寧な手技

    施術の様子

    i-care鍼灸整骨院グループは、創業20年、延べ25万人の施術実績があります。これまでに培った技術を駆使し、手技を中心にお一人おひとりに合った施術をご提供します。

  • 普段の姿勢に対するアドバイス

    アドバイス

    せっかく施術を受けても、普段の姿勢が悪いままではあまり意味がありません。当院では、再発しないように、日常生活で気を付けるべき点をお伝えし、自分でできるストレッチも指導しています。